志賀廣太郎の『日本文学盛衰史』出演について

2018年5月20日

 『日本文学盛衰史』、やっと戯曲も完全脱稿し、通し稽古まで終わりました。
 あの小説をどうやって舞台化するのかと多くの方に聞かれましたが、非常に原作に忠実な舞台になったかと思います。
 劇団は、来週から城崎国際アートセンターで二週間の合宿稽古を行い、作品の完成に向かいます。
 すでに、売り止めの回も出ておりますが、まだまだチケットはございます。早めにご購入ください。

http://www.seinendan.org/play/2018/01/6542

なお、劇団からのご購入より、こちらのサイトからのご購入の方が便利になっております。劇団の方は売り切れになっていても、こちらではチケットが残っている場合もございます。ぜひ、ご利用ください。

演劇最強論-ing
http://www.engekisaikyoron.net

 すでに報道などでご存じの方も多いかと思いますが、『日本文学盛衰史』出演予定の志賀廣太郎が、体調不良を理由に来年の大河ドラマを降板いたしました。
 もっとも体調の悪かった時期と大河の収録時期が重なったために、大事をとっての降板となりましたが、現在、体調は快復しており、予定通り『日本文学盛衰史』には出演いたします。毎日の稽古にも支障なく参加しております。ご心配くださった方々、ありがとうございました。

日記の続き
11月
1日 チュラロンコン大学で授業、夜はゲネプロ
2日 『バンコクノート』プレ上演。大好評。
3日 佐渡島大使と会食。授業。『バンコクノート』初日
4日 『バンコクノート』マチネ、ソアレ、終演後レセプション。
5日 タイの日本語教師向けにワークショップと講演会。『バンコクノート』公演。国際交流基金の方やパーウィット先生と会食後、深夜便で帰国。タイでの滞在は完了。
6日 『サンタクロース会議』と『ヤルタ会談』の稽古。ミーティング数件。
7日 NHK『ウワサの保護者会』収録。ベネッセ会議。ラジオ電話出演。NHKラジオ収録。『サンタクロース会議』と『ヤルタ会談』の稽古。
8日 朝の特急でいわきへ。ふたば未来学園で授業。夜は高円寺で劇作家セミナー。
9日 朝の飛行機で伊丹へ。宝塚光明小学校で授業。阪大で授業。高速バスで移動して兵庫教育大学で講義。夜、神戸ダンスボックスで読売新聞の対談。
10日 飛行機で但馬コウノトリ空港へ。午前中会議。午後、豊岡総合高校で授業。車で神戸へ。井戸県知事、中貝豊岡市長と県立専門職大学についての打合せ。。
11日 早朝、伊丹から羽田へ。車で明星大学へ。『ヤルタ会談』本番とトーク。アゴラに戻って『サンタクロース会議』稽古。
12日 飛行機で秋田へ。秋田国際教養大学でワークショップと講演会。帰京して『サンタクロース会議』通し稽古。アゴラ演出家コンクールの第一回打合せ。
13日 目黒区立宮前小学校で講演会。午後、藝大で授業。夜、『サンタクロース会議』場当たり。
14日 『サンタクロース会議』ゲネプロ。渋谷で豊岡エキシビション。
15日 午前中、赤ちゃん本舗で最後の買い物。午後、『サンタクロース会議』稽古。初日。終演後、斉藤美奈子さんと対談。
16日 飛行機で伊丹空港へ。スカイプで藝大教授会。そのあと阪大の教授会。午後、兵庫県国語教育研究会でワークショップと講演。
17日 明石市で高校演劇の兵庫県大会審査。
18日 この日も一日、審査員。
19日 審査、選考、公表を無事に終えて打ち上げ。岡山に移動。
20日 奈義町へ。会議多数。夜、JRで新居浜へ。
21日 午前中、新居浜北中学校でモデル授業。松山空港から帰京。夜、西南学院大学主催の講演会。『サンタクロース会議』の打ち上げに合流。
22日 飛行機で伊丹経由、但馬へ。市長協議含め、会議四つくらい。
23日 JRで博多へ。福岡県史民教育賞授賞式で記念講演。飛行機で帰京。
24日 面接四件。会議二件。新幹線で京都へ。同志社大学でFD。JRで豊岡へ。
25日 豊岡市職員採用試験一日目。終了後、市長とカニをいただく。
26日 採用試験二日目。私は途中で抜けさせてもらって但馬コウノトリ空港から伊丹、羽田、フランクフルトを経由してパリへ。
27日 朝8時シャルルドゴール空港着。11時半、劇場でテクニカルミーティング。午後からオペラ『二人静』の稽古。
28日 午前中、オケなし稽古。午後、オケあり稽古。夜、日本文化会館で日本語教育のワークショップ。
29日 深夜一時、大阪大学とスカイプミーティング。午前中ミーティング一件。午後、オケなし稽古と、オケなし舞台稽古。
30日 オケあり総稽古。

Facebook
Google+
http://oriza.seinendan.org/hirata-oriza/messages/2018/05/20/7711
Twitter